劇場版アニメ「映画 五等分の花嫁」 ついに五つ子との物語も完結へ―  みんな幸せになって欲しいと思える作品に。


見てきました、映画「五等分の花嫁」

最初は見に行くべきか迷っていたのですが
公開日が近づいてきたところでやっぱり物語の結末をアニメで見届けないといけないなと思って
急いで前売り券を購入して公開日に備えました。

原作コミックは先に完結済みのため
映画でも最後に誰が選ばれるのかは知ってしまっているので
五月や三玖が推しの立場として楽しむことが出来るのかは若干不安ではありました。

結果としては十分に楽しめると言える内容だったと思います。


「祭りの最終日が○○だった場合」として
上杉さんが誰かを選ぶことになった文化祭で、
一花から五月まで5人全員のルートが一時的に全て登場

これによって選ばれる五つ子も、選ばれなかった五つ子も
この時だけは、この短い時間だけはヒロインとしての見せ場がありました。

ただこれについて一つだけ不満があるとすれば、
五月推しは全員同じこと感じたと思うのですが
一花から四葉まで全員がキスをしたのに五月だけはありませんでした。何故!?

一花から順番に「~の場合」が流れていき
最後に五月の番が来ることで期待が高まっていただけに余計に残念。

この件については、映画パンフレットに掲載されているインタビュー記事によると
空き教室で三玖と二乃が言い合っているところで隠れた上杉と五月が
ネズミの真似をしてチューチュー言っていたのがキスのメタファーだった、らしい

その時に偶発的にキスする形になったかもしれないし、してないかもしれない。

個人的には5人一緒の五つ子なのに
五月だけ仲間外れになるのは悲しいので五月にもキスしたと思いたい。


それから五月関係でいうと、作品の開始時からずっとなのですが
他の4人と比べていつも一歩引いた立ち位置に居たのが五月

なので恋愛面ではもう一歩前に出ることが出来ず
もっと積極的に行ってもいいのに!とモヤモヤすることも多々ありました。

でも、母親のようになりたい、から、母親のような教師になりたい、と少しの変化はありましたが
それでも五月は最初から最後まで自らの夢と想いを貫いたところは五月らしいところでもあります。


一花はTVアニメでは悪役に回ってしまうこともあって
今となっては損なポジションを1人で背負って少し可哀想にも

二乃は気持ちの変化の振れ幅が大きいけど一番積極的で、
でも姉妹思いで、ぶつかることはあるけど最後は応援してくれる子。
それが映画でもしっかり描かれていました。

一番成長を感じられたのは三玖でしょうか。
TVアニメで最初に勉強に向き合ったのも三玖だし、
料理が下手なことを自覚してそれでも上手くなりたいと行動して、失敗して、それでも負けずに行動して、
映画ではついに料理を学ぶために専門学校へ進学することを選びました。

「~の場合」では5人の中で一番大体で積極的なキスシーンをしていましたし
一度やると決心した三玖の突破力は凄まじい。


そして四葉、最後に選ばれたのは四葉でした。

5人の中で一番四葉が選ばれるのが意外だったけど
だからこそ四葉が選ばれたのかもしれません。

勉強は全然出来ないけど
それをカバーするかのように常に誰かのためにと走り回って
自分の気持ちは後回しに

その弊害はTVアニメでも問題になって
二乃たちに助けてもらって解決するシーンがありましたが

そのみんなを優先して自分を後回しにしてしまう性格は
映画でも一波乱起こすことに


それでも最後は他の五つ子に背中を押してもらったり、押してくれなかったりしながら
しっかり自分の気持ちに向き合って
上杉さんからの告白、そしてプロポーズを受け入れました。


四葉ならきっと明るくてアクティブな家庭になりそう、

上杉さんの得意なところと、四葉の得意なところ、
改めて見てみると、ちょうど補い合うようなタイプの違いで
なかなか悪くない組み合わせなのかもしれません。


結婚式当日。
五つ子の提案で上杉さんへのドッキリとして
最後の五つ子ゲームを開始。

全員が同じ格好、今回はウエディングドレス姿をして
四葉を当ててみよ、と最後のゲームを挑みましたが
上杉さんはしっかり当てていきます。

四葉を当てるだけじゃなく、1人ずつ、
一花から二乃、三玖、五月と1人ずつしっかりと名前を呼びながら
一人ひとり、間違えることなく確実に当てていきました。

上杉さん(CV.松岡禎丞)の声で「怠惰!」と言い放った時は
一瞬別のキャラがよぎりましたが…

五月が言い当てられた時に
冗談で四葉です!と言って上杉さんが一瞬焦るシーンでは
いつもの五月らしいやり取りが見えて嬉しかった。

真面目なようで親しみやすく楽しいのが五月ですから。


新婚旅行にも五つ子全員で付いていくようですし
間違いなく楽しい旅になりそうです。



映画では上杉さんや五つ子など子どもたちが
もちろんメインではあるのですが
同時にTVアニメに比べて親たちのセリフや行動が印象的でした。

結婚式当日、マルオがアルコールは祝い事でしか飲まないのに
しっかりワインを飲んでいたところなど
やっぱりどんな形であれば親なんだなと思わせてくれます。


映画を見終わった時には
キラキラとした学生時代からの濃い数年間を一気に駆け抜けて
結婚式にまでたどり着いたことで「人生」を感じてしまい感慨深くなりました。

あの時の選択がいい出会いになって
その後の人生も変えてしまった。これが運命とか奇跡などと言うものなのかと。


観終わって、劇場の席から立ち上がって退室してからはもう直行でしたよ。

最初は劇場版グッズはラインナップが弱く感じていたので
特に何も買わずに帰ろうと思っていたのに、買っちゃいましたよ、パンフレット。
当然、豪華版。3,000円です。

「五等分の花嫁」はキャスト5人+1人の存在が大きいので
パンフレットにキャストの写真が大きく、そして多く掲載されているので満足感は高いです。


初めに言ったように自分は五月や三玖が推しなので
四葉が選ばれたことは残念だし悲しいし、そういう思いは確かにあります。
(冒頭部分、OPでのプールでは五月が勝って嬉しかった!)

だけど映画を観終わってからは
四葉も、四葉以外も奇跡の出会いから人生が変わって
これまでもこれからも全員幸せになって欲しいと素直に思えますし
これからもっと楽しくなりそうと確信が持てる。

そう思わせてくれるところが、いつも5人一緒の中野家の五つ子の魅力だし
『五等分の花嫁』の魅力なのでしょう。



ちなみに四葉以外のルートも見たい人には、
映画公開直後の6月2日発売のPS4/Switch向けゲーム、
『映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~』をプレイするといいらしいので
そちらも今から少し気になるところです。




<公式サイト>
映画「五等分の花嫁」公式ホームページ|TBSテレビ
【ごときす】ゲーム『映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~』2022年6月2日発売

サマータイムレンダ 02話「影」

しっかり重要なシーンを目撃して
無駄な周回をしないとはさすが主人公。

対応は地味なことの積み重ねで行く作戦のようですが
島で武器などを手に入れて攻めに出るのはさすがに難しいか。

そしてループするたびにしっかりサービスしてくれる澪、ありがとう。

1周目より2周目、2周目より3周目で
ヒロインらしくサービスしてくれる澪様、ありがとう。

エスタブライフ グレイトエスケープ 03話「水族館から逃げられない」

今回は池袋クラスタ
しすて対象者はペンギン。

仲間に狼男がいる時点で理解していたつもりですが
ペンギンが普通に喋っている違和感。

そんなペンギン相手でも
しっかり話を聞いてくれるエクアは今週も聞き上手な天使でした。

捕まっちゃいましたけど。

尋問室もペンギンサイズなのは面白いですし、色々と最高ですね!

境界戦機 第二部 15話「再会」

アモウとミスズ、あっさりと帰ってきました。

行方不明だった8ヶ月間は何をしていたかを自ら話さないアモウに対して
積極的に話しかけるシオンが健気で少しヒロインらしくて、良い。

戦闘シーンもありましたが
バージョンアップした機体性能を試すにはちょうどいい戦力差。

しっかり最後は敵らしく爆発してくれました。

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 3話「凜々しきエルフは同胞が為に舞う」

エルフのアリアン回。

いきなり勘違いして斬りかかってくるなど
いかにもヒロインらしいタイプの性格のようですが
しっかり助けて好感度を上げておけば簡単におちそう。

今回も期待に応える悪党らしい悪党が登場しましたが
もちろん骸骨さんは余裕。

ポンタも連れてきて良かったですね。
存在するだけで早速役に立ってくれるなんて意外とやるじゃない。

盾の勇者の成り上がり Season 2 03話「揺れる大地」

大きな亀をぶった切るために団結したけど
初期の段階で犠牲が大きすぎて心配になります。

ラフタリアやフィーロは
しっかり戦闘で活躍して矛としての役割を果たしていましたが
リーシアが活躍するチャンスは来るのでしょうか。

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 03話「決闘しようぜ、王子様」

能力を使わないと普通の学園モノっぽい

ここまでは目立たないようにモブとして過ごしていたリオンですが
ついにゲームの攻略対象キャラの男たちをボコボコにするときが来ました。

周りからは圧倒的不人気、圧倒的不利に思われる状況で
あいつらをボコボコに出来るなんて楽しくなってきました!

ここからがこの作品の真骨頂ということでしょうか。

呼び出した「鎧」も笑われていたように思いますが
早くやっちゃいましょう。続きが見たい。

デート・ア・ライブⅣ 02話「よろしい、ならば二次元だ」

二亜を攻略するために何故か
即売会に向けて全員で漫画を作ることに

序盤でありそうな攻略法だけど
以外にもアニメ4期まで無かったとは

しかも原画担当として全員に絵を描かせたけど
平均的に上手い子多くない?

採用されたのは七罪だけど
折紙さん、只者じゃない…

かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック- 02話「白銀御行は取り持ちたい/かぐや様は連れ出したい/かぐや様は阻止したい」

Aパートは石上とミコちゃん
Bパートは会長と早坂

良いですね!

石上とミコちゃんの関係は表面上は仲悪いけど
裏では互いに助け合ってるし
実は2人とも最高にいいヤツなのが素晴らしい。

適度に2人の関係を取り上げてくれるととても嬉しい。

いつか少しくらいミコちゃんがデレる日がくるかもしれない。
そしてそれを見てみたい。

今日もミコちゃんは可愛かったです。


Bパートではいつも通りのかぐや様に内心キレつつ
ハーサカとして単独行動に出ると早坂の面白さが一気に増すところは今回も健在。

もちろんある程度で踏み止まりますが
自由に行動し始めると早坂の可能性は無限大です。

ビルディバイド -#FFFFFF- 15話「花と鳥」

菊花の復活後の初バトル

3年のブランクは大きいのか
以前のような強さを最初から発揮するのは難しく
少しずつ押されていましたが
手札がなくなるまで追い詰められてから復活。

引きの強さと
ここまでの戦況の把握から弱点を付いて
一気にライフを削っていく戦い方は今まで無かったのでは。


一方の敵側ですが
正直なところ菊花のアイリスよりも目立っていたイシュタルテ(CV.和氣あず未

倒されても倒されても何度も復活するだけでも十分目立つ能力ながら
そのビジュアル、なんと目立つことか!

オッドアイだし、服装が攻めてるし、可愛いし

映像としても今回一番気合が入っていたのでは?

途中少しイシュタルテ自身が喋っていましたが
普通に会話してみて欲しいくらい

惜しいのは敵のカードとして登場したことで
今後の登場機会が無さそうなところ。もったいない。

でも他のプレーヤーがブルームやアイオラを使うということも
どうやら無くはない世界観なので
どこからで復活登場にも期待したい。

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(第2期) 03話「sing! song! smile!」

かすみたち4人らしいく4人がそれぞれマイペースで
本番に向けて準備をして、しっかりと成功させる。

しかもしっかりと「QU4RTZ」と名乗りました!

ラブライブ!のTVアニメシリーズで
ユニット内ユニットが登場したのは初めてでは無いでしょうか。

どうやら第2期ではこのユニットが順番に登場する流れになりそう。

次はDiverDiva、その次がA・ZU・NAと来て
それから新メンバーの話に移行する感じでしょうか。


そして侑ちゃんの試験でピアノ演奏したのが
前期EDテーマ「NEO SKY, NEO MAP!」(ピアノVer.)というのは良い選曲。

難しく演奏しているのではなく素直に弾いているのもリアルで良いし
アニメとして大事なシーンでもあるので
そのまま特殊エンディングに入るのも上手い。

エスタブライフ グレイトエスケープ 02話「思い出から逃げられない」

仁義のない感じの依頼者でしたが
いきなり風向きが変わる安心感。

そうですね、魔法少女になりたいなら仕方ないです。
もう飛ぶしか無いです。飛んで魔法少女やるしかないです。

フェレスは若干引いていましたが
どんな依頼者のどんな想いでもテンション高めで
いつでも肯定してくれるエクアちゃんが癒やしの存在に見えてきました。

疲れた時に欲しいエクアちゃん

そして魔法少女になって欲しい第1位。

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 02話「初仕事、少女の願いと忍び寄る影」

出来るだけ目立たないようにしているのに
結局派手な事をやっている骸骨さん

今週のマルカのように登場する他のキャラも
嫌味がなくて安心して見られるのは良いですね。

それでいて戦闘シーンは意外と激しい。

今回でポンタが加わって
少しパーティが賑やかになりました。

その着せ替え人形は恋をする 12話「その着せ替え人形は恋をする」(最終話)

先週の流れを引き継いで
今週も2人でイチャイチャしたまま最終話へ

前回より刺激は抑えめだけど
買わずイチャイチャしまくってるので
最後なのにジュジュ様や心寿ちゃんは入る隙すらありませんでした。

というか原作でも2人はしばらく出てこないとか…?

最後に残った感想は、お幸せに。


<公式サイト>
TVアニメ「その着せ替え人形は恋をする」公式サイト

<関連エントリ>
その着せ替え人形は恋をする の検索結果 - 深夜アニメ実況の果て。