天体のメソッド 13話「はじまりのそらから」(最終話)

第13話、ついに最終回です。

ノエルが居なくなってしまい、
さらにもう一度転校から繰り返しの時間に飛ばされた乃々香
ノエルの記憶をなくしてしまった汐音こはる、湊太。

この状況に精神的にも追い込まれた乃々香を再び立ち上がらせてくれたのが
今までこのメンバーの中で最も距離が出来てしまっていた汐音というのが
これまでの12話までの乃々香の頑張りを思うと思うものがあります。

乃々香汐音以外は、何か大事なことを忘れてしまっているという感覚に
セリフからも苛立ちのようなものを感じますが
それでも天文台に再び集合してくれて、円盤を、ノエルを呼びだそうと
すぐに協力してくれたのもノエルの残していってくれたモノのおかげかもしれません。

しかしそう簡単には呼び戻すことは出来なかったものの
その直後のそれぞれのキャラクターの行動が、
前の時の流れのみんなの行動と少しずつリンクしていたのも大きなポイントです。
柚季が看板を再び作り始めたり、こはるがノエルの時のようにキリゴンの看板を直してみたり。

そんな流れを通って、ついに、ついに!ノエルが、ひまわり畑の中で戻ってきてくれた!
しかもノエルの姿をしっかり確認する前に特別仕様のエンディングを挟むという演出が良いですね。
その特別エンディングでは後ろの方に小さくノエルが動き回っているのに癒やされながら、
最後の最後に、しっかりと、ノエルの笑顔に再会することが出来ました。




全13話の放送が終わりました。

最初にこの「天体のメソッド」のキービジュアルを見た時に
これは可愛い!これは見なければ!と楽しみにしていたと同時に、
この作品最大の特徴である円盤の浮かぶ街という設定に
どんな物語になるのかとストーリーの面も楽しみにしていたのですが
やっぱり最後まで見てよかったです。

オリジナル作品ならではの、
これからどうなってしまうのだろうというドキドキ感も楽しむことが出来ました。

結果として円盤とノエルの関係や、最後にノエルが帰ってくることなど
そこまで意外だったり、想定していないような驚くような展開は用意されていませんでしたが
それでも丁寧に描かれていたのでその点は不満には感じませんでした。

ただ、全13話の時間でほとんどずっと乃々香が自分の置かれた状況を
必死に解決しようと苦労していて、それを見ていて乃々香が少し可哀想にも見えたので
もう少し乃々香が笑顔で素直に楽しんでいる話をもう少し用意してあげて欲しかったです。


そんな乃々香を含め、まずはキャラクターについて。
やはりキャラクター原案がQP:flapperという事で、どのキャラも本当に可愛い!
作品のマスコット的な存在であるノエルはもちろんの事ながら、乃々香がすごく可愛くて好きでした。

乃々香はさっきも言ったように引っ越してきてから柚季の事から始まり、
汐音の事だったり、最後はノエルの事だったりとずっとほとんど1人で頑張ってきたのですが
そんな乃々香の力強いセリフと声、そして夏川椎菜の演技がとても印象的です。
だからと言っても決して真面目なだけのヒロインというわけでもなく
柚季こはるで温泉に行った時にパンチングマシンに挑戦してみたりと歳相応の可愛い態度も見せたりします。
乃々香の制服や私服でスカートが軽やかにフワフワと動いていたのが
「天体のメソッド」の特徴であるクオリティの高い動画で表現されて、乃々香の可愛さを最大限に引き出していたのも注目です。

料理が苦手な父親に変わって家事をしっかりこなす姿も魅力的。
可愛くて何でも出来て面倒見も良さそうで、こんな乃々香が欲しいです!

夏川椎菜さんの今後の活躍を楽しみにしています。


続いて、柚季
円盤に反対する立場だったために序盤では乃々香の事を知ってからは
乃々香に冷たい態度を取ったり、さすがにやり過ぎでしょと言わざるをえない行動をしていましたが
理解しあえてからは普通に可愛いヒロインになりました。
双子の妹キャラで、言うことはしっかり言うタイプですが
デレてからは友達としても頼れるヒロインになったと思います。

こはる乃々香ノエル以外の登場キャラの中では全話通しての優しいキャラでした。
乃々香柚季の行動に困惑を見せながらも拒絶したり酷いことを言う事もなく
いつも冷静で、いつでも乃々香の近くに居てくれた、そんな大人なキャラには安心感を与えてもらいました。
立派な「看板娘」です。

汐音はデレるまでが本当に大変でした。
終盤になってようやくデレたかと思えばノエルの事ですぐに距離が出来たりと
乃々香はずっとずっと大変な想いをさせられて来たと思いますが
本当の最後の最後、みんながノエルの事を忘れてしまったあとは汐音に救われました。
本当は優しい表情もできるんです。

そしてノエル
ノエルはマスコットのように元気で無邪気で可愛くて、だけど不思議な存在で。癒やしでした。
皆のにっこりのために自分なりに頑張るその様子は素敵でした。
最後にはみんなのもとに帰ってきてくれて嬉しかったです。
いつもの水瀬いのりさんのキャラとはまた少し違う感じで、また1つ素晴らしい出会いをくれました。

ついでに湊太ですが、湊太は何と言うか、序盤は特に触れるような存在ではなかったのですが
温泉に呼ばれずに放置されたあたりから同情せざるを得ない、そんなキャラに…。


設定やキャラクター以外の「天体のメソッド」の特徴といえば、綺麗な背景です。
作品の舞台である霧弥湖町は、洞爺湖を中心に北海道の実際にある場所を忠実に再現していて
安定した高いクオリティの作画もあって、聖地巡礼するにはとても楽しそうです。
すでに聖地巡礼として現地に行かれた方が何人も居るようですが
本当によく再現されていて比較写真を見ているだけでも実際に行ってみたくなります。

そして作品の中で重要な役割も果たした楽曲も忘れてはいけません。
特に第7話のエンディングでも使われ、
本編中では母親から教わった大切な曲として使用された「ホシノカケラ」。
この曲を鼻歌で奏でる乃々香は美しかったです。


そんな感じで「天体のメソッド」は
音楽も背景もキャラクターもとても美しく透明感もあって
円盤とノエルという不思議な要素も加わり、
最後まで素直な気持ちで楽しむことが出来ました。素晴らしかったです。


<公式サイト>
TVアニメ「天体のメソッド」公式サイト

<関連エントリ>
[天体のメソッド] - 深夜アニメ実況の果て