ご注文はうさぎですか? 第12羽「君のためなら寝坊する」(最終羽)

第12話、最終話…最終羽です。

毎週のように同じようなことを言っていますが
特に今回のチノココアは完全に姉妹です。
チノの部屋で何故か眠っているココアの大胆さも気になるところですが
そんなココアを受け入れているチノちゃん。
1話の時からさらに距離が近くなってるのを見ると微笑ましいです。

もう既にデレを超えたデレを見せていると言ってもいいチノちゃんですが、
ココアが高熱を出していることに最初に気付いた上に、
頑張って看病し、雪の降る中を千夜のところまで歩いて薬を取ってきてくれるなんてもう…泣けます。

そんな状況の中、実はシャロも熱を出していて
千夜がちゃんと看病してあげているというのも、2人の関係がよく分かって良いですね。

今回はラストということで、エンディングもいつもと違う雰囲気で、
曲はオープニング主題歌のカップリング曲として収録されている「日常デコレーション」
ノリの良いOPとはまた違った優しい曲と歌がとても合っていました。

そしてそして、Cパート!
あれだけココアの前ではココアの妹は嫌だという態度をしていたチノ
朝なかなか起きてこないココアに対してこっそりと…『おねえちゃんのねぼすけ』発言!
最高です!ありがとうございます!チノちゃんはみんなの妹です!!

最後の最後までとても気持ちが暖かくなれる作品でした。




という感じで全12話、終了しました。

実は「ご注文はうさぎですか?」、略して「ごちうさ」は一応は原作組として視聴させて頂いたのですが
原作の雰囲気がしっかりアニメでも表現されている素晴らしいアニメ化だったと思います。

ストーリーの内容自体も漫画原作という利点を活かし、
原作をほぼそのままアニメ化しているだけに
原作組もアニメから入った組もどちらも満足できるものだったと思います。

もちろん個別のストーリーは前後していたり
細かい部分が少しだけアニメ版として変更されていたりしますが
ほぼ全て原作通りと言っていいくらいの再現率でした。

アニメ版のキャラクターデザインも、
原作の可愛さを損なわない程度のバランスの良いデザインです。


キャラクターについてはもう言うまでもありませんが、みんな可愛い!
まさに『すべてが、かわいい。』

ココアは一見抜けてるような雰囲気もありつつも
実はしっかりとお姉さんをやっていて、そのバランスが素晴らしいです。
その優しさが溢れてます。
あやねるボイスでの「かわいいねぇ〜」、がとても可愛くてお気に入りです。

チノちゃんは、モフりたい可愛さ。
主にココアに子供扱いされるのがイヤなので少しツンデレっぽい風味もありつつ
幼さを残す年下キャラながら、それでもしっかりしているところが魅力です。

リゼはしっかりしている、というよりはミリタリー要素が強めに出ているものの
年上チームの中でも素直に頼れる存在でいて、
それに加えてロゼ状態だったりコスプレ妄想だったりと可愛い一面も備えている楽しい娘でした。

千夜はおもしろメニューを考えたりとこちらも不思議なキャラでもあり
幼なじみのシャロの事をいじって楽しんでいるようでしっかり見ていて、
表面にはあまり出てこないけどシャロの対するとても熱い想いを感じます。

シャロについては、実はアニメ化されて動く喋るシャロを見て、
一番ギャップ的な可愛さを感じたキャラクターかもしれません。
ネコっぽい、かまってあげたくなるような内田真礼さんボイスがシャロの性格にピッタリで
シャロとして聴いた時、特にカフェインが入った状態を聴いた時は衝撃でした。
見た目はお嬢様っぽいけど、実は人一倍苦労して頑張っている、
でもココアたちと出会って楽しい毎日を送れている、そんな応援したくなる娘です。

次はマヤメグですが、
チマメ隊とまとめられることがあるものの
他の主要キャラに比べると少しだけ登場頻度が下がってしまいサブ的な扱いを受けますが
年上チームが居ない学校では、控えめなチノちゃんをぐいぐい引っ張っていってくれる大事なキャラクターです。

ついでなので他のキャラにも触れましょうか。
青山ブルーマウンテン、略して青ブルマさんは神出鬼没な作家さんですが
そんなふんわりとした部分が早見さんボイスと上手く調和していたと思います。

ティッピーは何と言ってもギャップですね、
あの可愛い見た目から放たれる清川元夢さんボイス!渋い、渋すぎる!
チノ父ことタカヒロさんと合わせて貴重な男性キャラ?枠ながら、その存在感は抜群でした。


アニメ本編以外のところを見ると
オープニング、エンディング主題歌は大きな話題になりました。

説明不要、作詞・畑亜貴のオープニング主題歌「Daydream café」
その独特の歌詞と、一度聴いたら忘れられないメロディに、
まさに聴いているだけで、ぴょんぴょんしたくなってくる名曲!
主人公のココアよりもチノ率が高いと一部で指摘されているOP映像も必見。

「Daydream café」の『世界一かわいいミュージックビデオ』、
のちに『銀河一可愛い』にランクアップしたそのMVは
何度も見ているとすごく癖になってくる何かがあります。
まさに『銀河一可愛いミュージックビデオ』!見どころたくさん。

エンディング主題歌は「ぽっぴんジャンプ♪」、歌うのはチマメ隊ということで
チノに、マヤとメグが加わり無邪気さも感じるその曲はとても楽しい雰囲気で、
「ぽっぴんジャンプ♪」したくなります。
映像も、是非ともグッズ化して欲しいメインキャラクターの描かれた可愛いトランプが
毎週違った動きを見せて楽しませてくれました。


またアニメ以外でも公式サイト、または公式ツイッター上で
放送開始時から毎日、たくさんのイラストレーターによる
「応援イラスト」が公開されているという企画はとても珍しく、毎日公開が楽しみでした。
さらに週に一度、木曜日には「ツイッター募集イラスト」企画として、
それぞれの登場キャラが様々なシチュエーションで描かれた可愛いイラストが公開されていました。

これだけの大量のイラストが公開されることは
他のアニメ作品ではまず無く、「ごちうさ」ならではの特徴と言っていいでしょう。


そんな感じで、第1話から最終話まで、どこから見ても、どこを切り取っても、
癒やしと、可愛さと、コーヒーと、そしてうさぎがいっぱいで
毎週アニメが放送される時間を心ぴょんぴょん待ちして癒やされました。
「父の日」の話をはじめ、まさに良い話も多く、心もあたたまる本当に素晴らしい作品でした。

今回のアニメ化で第3巻までの原作のストックはほぼ使ってしまいましたが
いつかきっと第2期シリーズが来ると信じて、心ぴょんぴょん待ちしたいと思います。ぴょんぴょんぴょん!




・公式サイト

TVアニメ『ご注文はうさぎですか?』 (usagi_anime)

・関連エントリ
[ご注文はうさぎですか?] - 深夜アニメ実況の果て







CMも可愛いです!