星空へ架かる橋 12話「夜空に架かる星の橋」 (最終話)

第12話、最終回です。

今まで食べてるだけでパッとしなかったのに
円佳伊吹がざっくりと振られた今となっては
完全に勝利が約束されてしまっているですが
急に初の様子がおかしく、ヒロインらしくなってきました。

で、あれだけ雰囲気もある円佳伊吹のアタックを
一瞬にして断ってきた一馬もには気があるらしく
意外なほどあっさりと告白、そして成功。

円佳伊吹は1人でアタックして倒れたのに
に関しては皆でアシストして貰うなんてさすがヒロインです。
食べてるだけじゃなかった。
かさねは全力で巻き込まれてましたけど・・・。


という感じで、まとめ。

時間の都合もあるのでさすがに全ヒロインのフラグを立てて
全員振っていくまではしなかったけど
逆に1人のヒロインだけに絞った流れにならなかったのは良かったかも。

でもあまりに他のヒロイン達に時間を掛けたので
の好きって気持ちがあまり積み重なったように感じ無かったのが
見ている方としては共感しづらく、そこが少し物足りないです。
あと1話くらいの心情を描くのにに使ってもよかったかも、陽菜の話を削ってでも。

あとは歩とか、制作側も原作からの流れで使い方を分かっているので
それを最大限使って最後まで遊んでましたのが、星架か制作陣らしい。
普通はヒロインのために使われるはずのエンドカードを思いっきり歩に持っていかれるなんて。
ヒロインの立場が無い!

ちなみにその最終話エンドカードを担当したのは
先週、先々週の鶴崎さんとなちゅらるとんに続いて原作原画の涼香さんでした。
エンドカード担当ってもう一度見てみると原作側の関係者が多め。

キャラクターは可愛いし、安定性もあり
原作と比べても声が変わるということも無かったので
全体的に見てもある程度満足のいくアニメ化だったと思います。
そういう意味では少なくとも「あかね色」よりよく出来てたとも言える。

これも原作側からアニメ化に対してハッキリと意見を言ってくれた結果だと思います。
原作付き作品での声優って出来れば変えないほうがいいに決まってますから。

あとは音楽。OP「星風のホロスコープがお気に入りです。
すっと伸びる感じののみこらしい歌は聞いていて気持ちいい。
逆にエンディング「だっしゅどシンデレラ」は初、伊吹、円佳のヒロイン3人の
元気いっぱいなサビが耳に残ります。

最終話のエンディングでは
そのOPが初と円佳のヒロインバージョンになっていたことに注目。
この曲は恐らく「キャラソンアルバム」に収録されるんじゃないかと思うのですが
そのアルバムは当初予定されていた6月24日リリース予定から8月3日頃に延期されているみたいで
収録される曲についての詳細も見つけられなかったので、まだハッキリとは分からないです。

同じく6月24日にアルバムと同時リリース予定だった
オリジナルサウンドトラックは予定通りリリースされています。

そういえばこのアニメ「星架か」には公式でiPhoneAndroidアプリがリリースされていたのですが
どれくらいの人が気付いてるのかな?


だいたいこんな感じで。

田舎暮らしらしく派手なインパクトこそありませんでしたが
全体を通して安定して、PCゲーム原作らしくキャラも可愛く
最後まで気分良く楽しくことが出来ました。

青空を飛ばしてあかね色、星空とアニメになりましたが
果たしてまだ見ぬ次のfeng作品はアニメ化されるのでしょうか。
そこにも今後注目ということで。


最終話アフレコ終了 キャスト寄せ書き
スペシャル - 星空へ架かる橋

歩についてのコメント多いw
繪里子さんと藍子さんがゆむゆむ言ってる。


<公式サイト>


<ブログ内検索>
[星空へ架かる橋] - 深夜アニメ実況の果て

星空へ架かる橋 11話「雨にふられて」

毎週1人ずつヒロインが切られて、振られていく中で
ついに伊吹の順番がやってきてしまいました。

性格としては典型的ツインでレ系だけど
今回の2人のデートを見てる感じでは絶対に付き合ったら楽しそうなのに、
それなのに一瞬にして振ってしまうとは酷い、一馬め!

しかも普通に振るんじゃなくて一度目は「またまたご冗談をー」的なノリで
2度目に改めて振るとか普通に振るよりもダメージ大きいんですけど!

それでもすぐに切り替えが出来るのが伊吹のいいところです。
でもホント勿体無い。

そして何故か食べてるだけのイメージしか無かったがここで急浮上。
最後は初になるのは分かっていたことだけど
再会前のアドバンテージを考えてもここまでそんなに親密度が変わってないように思うのですが
一馬はOKしちゃうんでしょうか、するんでしょうね。

いよいよ次で最終話。

星空へ架かる橋 10話「指輪、流れて……」

気づかないフリをしている
ちょっと気になってきた伊吹の他に頑張ってるヒロインの円佳の話。

綺麗に先週の続きから始まって
ずっと円佳のために1話全部使ったのに
デートも頑張ったのに、なのに、それなのに!
一馬は2人きりの状態でも他の女の子の名前を出してだけに飽きたらず
円佳への最後の返答で「 友達 」だって?

なんてことを言うんですか一馬は
あそこまでフラグが全開なのに「友達」だなんて酷い。
その選択肢を選ぶならちゃんとクイックセーブしてからにしてください。

頑張ったのにダメだった、そんな円佳ですが
それでも今回はずっと円佳回!
せめて円佳のために、エンディングは完全に円佳仕様です。
まるで最終回のように、円佳ルートの最終話のように。

ところでこよりの変装、完璧でした!

と言うわけで、次回は円佳に続いて伊吹がやられてしまうのでしょうか・・・、
なんとか頑張って!

星空へ架かる橋 09話「スズメバチは昼行性」

今週はずっと陽菜、
冒頭に少しだけ初が出てきただけでずっと。

その代わり次週は他のヒロインも出番が多そうな予感です。

星空へ架かる橋 08話「ツッコミは○○(マルマル)で!」

きました、夏だ海だ水着回です!

しかも前回のラストでついに完全なデレに転じた伊吹がまだデレてます!
一馬に名前でなんて呼ばせちゃってもう攻略いつでも行ける状態なのですが
これもきっとを揺さぶるための事情で無理かな。

今回、カメラアングルのターゲットになってるのは初じゃなくて伊吹でした。

今までは食べてるシーンが多くてあまりヒロインやってなかった
伊吹を見て少し反応してきたみたい
あともう一押しで初もいい感じに。

で、水着回ですけど。
こういう話には定番のそれぞれ個性のあるセレクトになってます
つむぎさんは若干やり過ぎかもですが。
あとOPで毎週スク水を披露しちゃってるこよりなんて
新でも旧でも無くて旧々スク、最近アニメでまたよく見るようになってきてるあっちの方です。

何気ない水着回に見えて
伊吹の様子がちょっと気になるに、
他のヒロインも平等に好感度が上がっていることがハッキリ分かりました。さすが主人公。
あっでも陽菜は違う。こよりもあと少し足りない感じ。

そんな感じで主に伊吹だけど、
目に見えてヒロインがデレて楽しくなってきました!

ツッコミは裏拳で。

TVアニメ「星空へ架かる橋」、Blu-ray・DVD発売延期

既にアニメ公式サイトで発表されていますが
第1巻から6巻、全てのBlu-rayとDVDの発売が延期されたみたいです。

それぞれ本来の発売日から2週間、または3週間程度の延期。

星空へ架かる橋 07話「ピンクのにゃんぼぼ」

Aパートでは不在だったし、
楽しく遊んだり歌なんて歌ってたりしたけど
今回は伊吹回だったみたいです。

それなのに最後の最後のシーンくらいしか
伊吹がメインの見せ場が無かったのが残念。
どうせメインにしてあげるなら1話使ってアピールして欲しかったです。
せめて第5話くらい。
でもきっと次からは全力でデレてくれるはず、はず!

今回で7話、次は水着回
ということは9話あたりからが本気だしてくる、かも?

そうそう、ゲーセンのシーンでプレイしていた格ゲーですが
こよりの使用キャラが恋姫無双周泰でしたね、もちろん中の人繋がりです。
「星架か」は他にも「恋姫」出演キャストが多いので、それぞれの恋姫キャラで対戦とかできそう。

星空へ架かる橋 06話「桶が落ちるとき」

ついに円佳がメインで攻めに入るのかと見せて
ほぼ全く進展せず、代わりに今まで食べてばかりで1話以来ヒロインやってなかったがここに来て本気で来そう!

あとそれから初の過去話のシーンでのちっちゃい初が可愛かった! すごく。

円佳はこれで終わりなのかな、
今回のラストを見てるともう一度くらいチャンスはありそう。
それに他のヒロインにも頑張ってもらわないと、伊吹こよりも。
そして出来ればかさねにも

星空へ架かる橋 05話「しることウナギとウエディングドレ」

アバンの時点ですでにそうでしたけど
今回は予告ではなく本編中で恐ろしいほどの歩プッシュを決めてきました…。
そのままの意味で恐ろしいです。

で、Bパートになるまで一瞬忘れてましたけど
今回のメインヒロインはこよりなんですよ、こより

なんてずっとネタヒロイン状態ですけど
今日のこよりはヒロインだった、仮装もウェディングで。
これは次回以降もっとデレて貰わないと。

ヒロインらしいと言えば
一応Aパートでは伊吹もヒロインらしい感じでした。
こちらももう少し踏み込んだシーンが欲しいところ。

かさねも久しぶりに喋ってたんだから
あとはそろそろヒロインなにも期待したいです。

星空へ架かる橋 05話「クマと出会って、話してた」

今回から陽菜が参戦、これでヒロイン全員揃ったはず。
でもせっかく揃ったのにこの子、すごく痛い子です…。

それに比べてこよりと円佳、あと伊吹の安定感、
そして安定しすぎてヒロインやってない

そんなことより、制作スタッフ、
ちょっと予告で弟使って遊びすぎでしょ!

星空へ架かる橋 03話「ドングリは意外と痛い」

すごく安心して見れます、第3話。

制作側も完全に分かってやっているので
思いっきり弟を中心に視聴者に仕掛けてきてます。
ある意味恐ろしい制作スタッフです…。

ヒロインとしてはがいいポジションに付けながら
かなりの妄想少女っぷりを発揮しつつ、
いつも側にいた伊吹の警戒はどうやら溶けたみたい。

主人公の一馬は今回は円佳に積極的に行動してましたけど
やっぱりポイントはこより初登場!
また個性のある子ですけど期待してます。

ヒロインが多いので搭乗時間の割り当てが大変だけど
メインヒロインなんだからがもっと頑張ればもっと面白くなるはず!

星空へ架かる橋 02話「チーズの味はしないはず」

時間ないので2話を簡単にまとめると

はあやうい、円佳登場、かさね登場
弟の存在感は相変わらずヒロイン並、
そして初はチーズ味。 …が好き。

ところで「星架か」はサブタイの付け方が面白いと思う。

<新番組> 星空へ架かる橋 01話「クマなら、ここで終わってた」

今期のPCゲーム原作アニメの2本目、星空へ架かる橋始まりました、
略称は「星架か」だったり「へかる」だったり。

「あかね色」ではキャストから色々とアニメ仕様に変更されていましたが
「星架か」では原作サイドの中の人が意見を言ってくれたということで
キャストの変更なしはもちろん、内容もアニメ用に変更はされているものの
違和感無くスムーズにPCゲームっぽい序盤でした。

まだ第1話は原作体験版の範囲なので気になる18歳以上の人は
公式から体験版を手に入れてやってみるといいかも。

で、「星架か」最大の注目されているキャラクターといえば弟の歩なんですが
アニメでも恐ろしい存在感でした…。
歩夕(あゆる)さんボイス恐るべし。

という訳で、勢いで突っ走った感じの1話に出てきたキャラクターは
主人公の一馬と弟の歩、ヒロインの(うい)に伊吹、あと案内してくれたつむぎさん
それから旅館の千歌さん。

エンディングではそれ以外にも未登場のキャラとか最初に出てきてたので
そっちの登場も気になります。
ヒロインではこより、サブでは舞太ボイスのかさねとか楽しみ。

そうそう。「歩きゅんゆむゆむ!」ってのを流行らせたいらしいので
各自、自由に実況時などで使ってあげてください。

続きを読む